クラブ沿革



昭和36年(1961) 活動開始 金ヶ作コート(アンツーカーコート)が建設される。
軟式テニスの愛好家の人達が金ヶ作コートで活動開始。
昭和37年(1962) クラブ設立 金ヶ作コートが松戸市に移管される。
ときわ平軟式テニスクラブとしてクラブ組織になる。
初代会長 山崎 常和就任
歴代会長 2代〜4代会長 2代会長 山岸 孝志
3代会長 中澤 厚夫
4代会長 吉田 桂三
昭和60年(1985) 25周年記念式典 25周年記念式典(ときわ平市民センターにて)実施
   
平成5年(1993) 5代会長 5代会長に武村 和男就任
平成12年(2000) 40周年記念式典 40周年記念式典(松戸ニューオータニにて)実施
   
平成14年(2002) コート改修 金ヶ作コートをオムニコート(4面)に改修される。
   
平成15年(2003) 6代会長 6代会長に桂 滋就任
   
平成17年(2005) 45周年記念式典 45周年記念式典(三協会館にて)実施
   
平成22年(2010) 50周年記念式典 50周年記念式典(森のホール21にて)実施
   
平成27年(2015) 55周年記念式典 55周年記念式典(森のホール21にて)実施